TOP

クレジットカードで現金化ができるという事を知っていましたか?

クレジットカード現金化で捕まらない?

財布から取り出される一万円札クレジットカード現金化には興味があるものの、クレジットカード現金化はいわゆるグレーゾーンとも言われているため、行ったがために運悪く捕まってしまったらどうすべきなのかと悩んでいる人もいるかもしれません。ですがこのような問題は特に考える必要はありません。なぜなら、クレジットカード現金化は法律に抵触するのではなんく、信販会社の利用規約に抵触するものです。つまり、退会処分が科せられるリスクはあるのですが、法律違反ではありませんので逮捕されるリスクはありません。ですが今後に関しては未知数です。仮にですが、今後クレジットカード現金化が違反と法律で定められるようになったら状況は変わってきます。その場合、当たり前ですが違反行為になりますのでクレジットカード現金化も気を付けなければなりませんが、法整備が進んだとしても施行されるまでにはある程度時間もかかります。ですがクレジットカード現金化を考えているのであれば早めに行った方が良いでしょう。

ブラックリストだけどクレジットカード現金化出来る?

ブラックリストに掲載されている人でもクレジットカード現金化が出来るのか気になっている人も多いかもしれませんが、こちらも問題ありません。ですが大前提として既にクレジットカードを持っている場合のみです。ブラックリストに掲載されてしまうと、新しく金融サービスに申し込むことが出来なくなりますので、クレジットカードへの申し込みも審査で落とされるのが関の山です。ですが、既に持っているクレジットカードまで使えなくなるようなことはありませんので、債務整理等でブラックッリストに掲載されている状況だとしても、クレジットカード現金化は特に問題ないのです。ブラックリストに名前が刻まれてしまい、新しく金融機関のサービスに加入出来ないものの、現金が必要になったという人にとっては、現実的にはクレジットカード現金化くらいしか現金を用意する方法がありませんので、ブラックリストの人々からも頼りにされているのは言うまでもありません。


クレジットカード現金化の事を徹底解説!現金化コンシェルジュ

総量規制でもクレジットカード現金化が出来た

総量規制のおかげで思うようにキャッシング出来ずに困っていました。でもどうしても現金が必要になるシチュエーションも出てくるじゃないですか。そんな時に知ったのがクレジットカード現金化でした。キャッシング枠ではなく、ショッピング枠を使うので総量規制は関係ないということは分かったものの、理屈としてはともかく実際に本当に行えるものなのか半信半疑でしたが、クレジットカード現金化を実際に行ってみたらここまで簡単なものなのかと拍子抜けするレベルでした。まさかここまで簡単なものなのかと。むしろ総量規制なんて一切関係ないので、ここまで簡単ならこれから現金が必要になった時はこれしかないだろうとさえ思いました。もっとハードルの高いものを想像していましたけど実際に行ってみると本当に簡単。それで現金をしっかりとゲット出来るんです。今後はもっともっとクレジットカード現金化を上手く活用して現金を手にしたいなと思いました。

自営業とクレジットカードの関係

自営業やフリーランスの場合、クレジットカードを持つのは少々ハードルが高いです。なぜなら、クレジットカードの審査で求められる「継続的な収入」が難しいからです。余程の大成功を収めている人であれば別ですが、信販会社としても自営業やフリーランスの場合、収入の継続性を担保として考えられません。額面は良いものの、いつ収入0円になるか分からないお仕事です。それよりも、収入は低くとも倒産リスクのない公務員の方が信販会社的には評価が高いのです。自営業やフリーランスでもクレジットカードを持ちたいのであれば、クレジットカード的に利用出来るデビットカードを使うか、あるいは比較的審査が甘いとされている信販会社を見つけて申し込むのが良いでしょう。そこで得たクレジットカードでクレヒスを貯めて行けば上級のクレジットカードへのステップアップも可能ですので、まずはクレジットカードを持つために、審査の甘い所を探すと良いでしょう。

クレジットカードのクレヒスとは

クレジットカードには「クレヒス」があります。クレヒスとはクレジットカードヒストリーの略で、簡単に言えばそれまでどのようなクレジットカードの使い方をしていたのかが問われるものです。加点式というよりも減点方式のもので、延滞や遅滞、未納があるとマイナスされていきます。つまり、常に支払を確実に行っている人であればクレヒスが傷つくことはありません。そのため、新たに金融機関のサービスに申し込む際、収入等だけではなく、クレヒスも評価の対象になりますので通常より良い結果が期待出来る一方、延滞や遅滞・未納を繰り返しているクレヒスの悪い人は、例え経済力が高くとも審査結果が伴わない可能性もあるのです。クレヒスが悪いということは、クレジットカードを発行しても未納や延滞をする可能性の高い人と判断されてしまいます。特に海外ではクレヒスがとても重要とも言われており、クレヒスの高さこそ社会的な信用に繋がっている程なのです。

クレジットカードはお得に活用したい

せっかくクレジットカードを使うのであればお得に活用したいと思うのは当然ですが、クレジットカードをお得に活用するためにはクレジットカードのことをしっかりと調べる必要があります。特にポイントプログラムです。どのように利用するとポイントが付与されるのかは理解しておくべきです。自分が普段使うお店ではどれくらいポイントが付くのか。また、どれくらいの買い物でポイントが付くのかも大切です。例えばですが、200円で1ポイントと1,000円で5ポイント。ポントの付与率は変わりませんが、後者の場合999円の買い物ではポイントが付きません。1,000円以上の買い物でなければポイントが付与されませんので、普段あまり1,000円以上の買い物をしない人にとっては、クレジットカードを使っているもののあまりポイントが貯まらない事態も考えられます。このように、どれだけ使うとどれだけポイントが付与されるのかは、必ず考慮しておきましょう。